ルンタへの旅 11

1

命がけでヒマラヤを越える亡命者たち。その数が年間2〜3千人に達することは以前書いた。だが、3月にラサで大規模な抗議行動が発生し、チベット自治区に戒厳令が布かれたこの年は、わずか400人しかインドに逃がれることができなかった。どんな思いで険しい山を越えるのか。それが知りたくてダラムサラにある難民一時収容所を訪ねた。
コンクリートの床に粗末なベッドが並ぶ、殺風景な部屋。寝起きしているのは20人ほどだろうか。11月の終わりとあって朝晩の冷え込みは厳しい。それでも着のみ着のままでヒマラヤを越えた彼らには、やっと得られた安らぎの場所なのである。
何人かの収容者に話を聞くことができた。20代の尼僧は刑務所に入れられ、その費用まで払うよう命じられ逃げてきたという。彼女はダライ・ラマの写真やカセットテープを持っていただけで捕まったのだ。初老の男性は、かつて中国軍と戦い大勢の中国人を殺したという罪で18年間、刑務所に入れられていた。釈放後はラサに住んでいたが、法王に一目会いたくてインドに亡命した。
部屋の片隅で赤ちゃんに母乳を与えている母親がい...た。聞けば、山越えの途中で出産したという。抗議行動に加わった夫が指名手配を受けたため、自分とお腹の子を守るため亡命を決意した。
彼女の話を聞いているうちに不覚にも涙がこぼれた。
「逃げられるかどうか、本当に心配でした。もし失敗して捕まれば、ひどい目に遭いますから。近道もあるのですが、そこには中国軍がいますから、私たちは山の方を遠回りして2ヶ月半かけて逃げてきました。山の上を通った時は、とても寒い思いをしました」
チベット人の強靭な精神力にまたしても触れた思いがした。(つづく)
(写真は1989年12月10日放送のTBS「報道特集」より)

映画「ルンタ」公式ツイッター @eiga_lungta
池谷薫ツイッター @ikeya_kaoru


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM